2007年10月28日

エアコン

へへん

最強の空手家、大山倍達。素手で相手を倒すことを考えた空手を駆使し、あの伝説の牛殺しを達成させた猛者。

打撃の神様、川上哲治。赤バットの異名を持つ彼はその類まれなる打撃センスで巨人をささえ、数々のタイトルを獲得する。


達人と呼ばれる彼らに共通している一つのキーワード。それは呼吸法である。
空手には息吹と呼ばれるものがあるほど呼吸というものを研究している。鍛錬でもこの呼吸法を間違えると意味がないと言われているほどである。
また、野球では、理想のバッティングを実現させるために呼吸法というのが使われている。球界一の頭脳を持つ名将、野村克也監督はこう言う「バッティングの構えとは備え」バッティングのすべては構えに集約されていっても過言ではない。この備えをするために呼吸法がある。息を深く吐き出し。重心を地に近づかせる。この呼吸法を川上哲治も使っていた野村は言う。このように呼吸法というのはスポーツ、格闘技にも重要とされる一つの項目なのである。そして、今日、この呼吸法を活用した一人のヒーローをご紹介したい。その名は続きを読む
【関連する記事】
posted by 大佐への道 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

寿司

J-POP

最近のJ-POPアーティストが全然わからん。倖田來未らへんから全然わかんねぇ。こんな感じにどんどんJ-POPがわかんなくなって演歌に移行して行きそのうち「ヤッベ、ひばりマジヤバイ」とかになっていくのかな。カラオケ行っても一昔前の歌ばっか歌ってしまう。そんな瞬間まさに中学生か高校生になったかのようなあの感覚。あの青春時代に帰ってしまう感覚。もう、大好き。寿司の次に好き。
続きを読む
posted by 大佐への道 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

叫び

スピリッツ

自分の愛読書としてビックコミックスピリッツがある。週刊誌なので当然毎週のように買って見ている。
まぁ、今や、チャンピオンとかマガジンでもグラビアアイドルの水着姿とか巻頭に掲載されている時代である。
スピリッツもその中の仲間であるわけなのだが・・・まぁ、自分もとりあえずは見ますよ。男だから。袋とじとかもとりあえず開けますよ。男だもん。でもさ、今週号の表紙の女見た瞬間ドッキリカメラがどっかに仕掛けられているんではないかと思うほどの衝撃ですよ。どうしたんだよ!って思いましたよ本当に

その名も・・・


続きを読む
posted by 大佐への道 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

前野高徳

2000

3割300本2000安打。
この数字は過去に王、長嶋、張本、落合というバッターが達成している。プロ野球の歴史にとって切っても切れない選手達が並んでいる。
この記録にある男が挑もうとしている。広島東洋カープ背番号1番前田智徳である。1989年広島東洋カープにこの男は現れた。天才的なバッティングセンスを引っさげ彼は次々と度肝を抜く記録を達成していく。プロ初HRが開幕先頭打者HR、シーズン3割到達回数が11回、5試合連続HRと輝かしい記録を打ち立てる。しかし、天才にも転機が訪れた。右アキレス腱を断裂。どんな天才であろうと怪我には勝てない。後遺症を抱えたままのプレイ、天才にかつての動きは戻ってこないだろうと思っていた。しかし、天才は天才であった。足の後遺症を抱えつつも彼はできることを精一杯やった。2002年にはカムバック賞を獲得し、2007年にはキャプテンを任され、そして、今日、彼は2000本安打を達成した。
どんなに険しく高い山だったろうか。彼は右足に故障を抱えつつもその山を登りきった。本当におめでとう。これからもカープの頼れる天才としてバンバン打って欲しい。本当におめでとう前田。









今回リプレイ機能をつけました。
posted by 大佐への道 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

実況

社会に出て1年と数ヶ月、仕事が慣れたかと思うと実はそうではなかったりと毎日が反省の繰り返しな中、ちょっとの時間を幾度も重ねつつずっと作ってみたかったFlashを作ってみました。
音も絵ももちろん内容も全部手作り。
ネタはいっぱい沸いてくるのにFlashを作る技術の無さから作るネタも限られてくるという未熟さにまだまだ努力をしなければならないという現実を知らされました。とりあえず、どうぞ。









すべてが未熟の初心者作品、タイトルとか本当に力尽きて適当になってしまったことは誰が見ても気がつくだろう。もっとがんばろう。
posted by 大佐への道 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

無題

携帯電話

あのさ、最近知ったんだけどさ、本当に本当だよね?
機種変しても電話番号変わらないって・・・
5年近くさ、ずっと機種変したら番号変わるって思ってたのよ。
だからさ、今だにさ、携帯には「J-PHONE」って書いてあるのよ。
もう、なんか時の旅人気分ですよ。アンテナだって今は内蔵型でしょ。自分の伸ばせるもん。
なんか、電話するたびに人に「物持ちいいよね」って言われてたけど、自分にとっては「お前らよく、コロコロ変えるよな。番号変わっていちいちみんなに知らせんの大変だろ」って思ってました。
もう、あの時点で自分は旧人類と化していたわけです。みんなが携帯でピコピコゲームしているときに自分は携帯を口にくわえ、喰えるのかどうか確認しているわけですよ。しかし、これで晴れて新人類の仲間入りができたわけです。
ここからはサービス豊富なニューマシンを手に入れ、グローバルでメタボリックな、ファイティングスタイルでトゥギャザしようぜ。
posted by 大佐への道 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

ナポレオンズ

睡眠

パソコンつけながら寝落ちするのが最近の生活リズムになっている。
電気代とかどのぐらい高くなってるのかな?とか気にするけど結局やってしまう。
この行動にはたぶん、自分の「睡眠時間をあまり多く取りたくない」っていう思いが強く働いているからだと思う。
「もっと1日が長ければいいのに」と考えているうちにこの結論にたどり着いたんだと思う。
そして、「睡眠時間を短くするにはどうすればいいのだろうか?」と考えたとき、ある人物を思い出した。

その名はナポレオン。彼の睡眠時間は3時間だったらしい。実に21時間起きているわけだ。なぜそんなことが可能だったのかというと、人間は90分ごとに睡眠周期が変わるらしく、レム睡眠→ノンレム睡眠と交互に変わるらしい。そのどっちかの睡眠時に深い眠りに入っていれば疲れがとれ、さらにそのサイクルごとに起きれば最高の目覚めが得れるらしい。要は90分、180分、270分、360分ごとに起きるということである。
不可能だろうと思う人もいるかもしれないが自分は信じる。
なぜなら、自分は「本気の昼寝」というのを何度も味わったことがあるからだ。仕事をして、昼飯を食って、車に戻って20分の休憩。
やることもないので少しの仮眠を取る。

・・・・

バッ!と起きる。体の疲れが取れていて、目をすっきりしている。何時間寝てしまったのかと思うほどの回復である。
しかし、時計を見るとあれから10分ほどしか経っていない。こんな短い時間でこれほどの体力の回復ができるのは非常に深い眠りについたからである。これを夜の睡眠にも応用すればきっと3時間睡眠というのが可能ではないかと考えています。まぁ、最終的にはドラクエの宿屋並になれば世界を救えると考えている所存でございます。
posted by 大佐への道 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

不治や

トラブル

ブログのパスを忘れて2週間弱・・・やっと新しいパスが届いたああああ!!!!!ブログ書けない時に限って書きたいことが山積みなのよね。
まぁ、もう忘れたから書けないけどね。
とりあえずトリオ・デ・ブログ1回戦突破できたんでよかったです。
広島のナックルボーラーの新外国人が気になります。
ホラー映画見たくなってきたり、昔のテレビゲームが気になったり
本気でいろいろなことを考えたりしました。

書きたい時期が過ぎるとこんなに簡単に書いてしまうんだなぁ。
現在はPCが壊れて、昔の低スペックPCで書き込んでる次第です。

トラブルは続くよどこまでも
posted by 大佐への道 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

俺デス、次死ぬの俺デス

なぐりこまれメンバー争奪戦

今更ながら、わかやまさん、百姓さんをはじめメンバーの皆様本当に申し訳ございませんでした。本当に最低だと思ってます。自分で参加するといっておいて参加しないという最悪の醜態をさらしてしまいました。
謝っても済む問題ではないことは十分に承知しています。メンバー解雇も覚悟しております。本当に申し訳ありませんでした。
こっからは違う話
posted by 大佐への道 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 大喜利関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

べったべた4

言葉

高校時代あんまり意味を理解せずに知っていた言葉

ディスティニー、ギャラクシー、割愛、サルガッソウ海、なるたけ、水物だからね、ナイスミドル、ファンタジスタ、韓流、新撰組の構成。

こんだけのことを高校時代あまり理解せずに言葉だけ知ってました。
言葉だけ知ってるとどうしても相手と調子を合わしてしまうもので・・・
一時期、「ファンタジスタ中村」という言葉を聞いて、「え、新日にいたっけ?」と新日のHPを見たり、「あ、全日か」と全日のHP見てました。
サルガッソウ海は別に知らなくてもいいんでしょうけど何度もラジオで聞いたフレーズなんでずっと「なんだ?猿?会?」見たいな感じで宗教の集会かなんかだと思ってました。新撰組の構成は全然新撰組知らないのに友達に「ほら、新撰組にいたじゃんあいつあいつ」という問いに「ああ、あいつね岡田以蔵」って答えたらビンゴで、それ以降新撰組を知ってるよあいつ的な扱いになってましたよ。

とりあえず、こんだけ知らない言葉を無断で使っていたことをこの言葉達に謝りたい。
「ごめんなさい、自分は全然君たちを知らないのにとんでもない扱いをしてしまったよ。時間はもう取り戻せないけどこれからは理解を深めより濃い生活をしていこうじゃないの。ね、おじちゃん悪かったって。ほら、もう怖くないから、もうちゃんと知ってるよ。ファンタジスタ中村ってあれでしょ、よくみちのくプロレスに出てたよね。TAKAとFUNAKIの穴を埋めるためあの時期よくがんばったよ。ね、フィニッシュホールドはデスバレーだよね。」

本当にごめんなさい。
posted by 大佐への道 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析