2016年02月08日

サイゴ

今日は定年退職を迎える日だった。
思えば毎日同じ時間に起き、妻の作った朝食を食べ、歯を磨き、トイレに行き
スーツに着替え、コーヒー一杯とタバコを終えると図ったかのように同じ時間になる。

最後の出勤日だって同じだった。
特別な日ではない。昨日と同じことをしているだけだ。
いや、少し違ったか。出ていくとき妻に
「今日は何が食べたい?」
と聞かれた。私は
「魚がいいな」
とだけ答えた。

エレベータに乗り、5Fから1Fへ
いつものように4Fでゴミ袋を持ったユニクロの男が乗ってきた。
妻の話ではこの男は漫画家だ。どこの雑誌に載ってるかもわからない。
【今日でこの男とも会わなくなるのか。】
そう思うと、一度も会話をしたことがないこの男が感慨深くなってしまった。
【漫画書いてるんですか?】
一度くらい聞いてもいいんじゃないかと思ってしまった。
【どんな漫画書いてるんですか?】
中途半端な好奇心は膨れていった。
そうは言っても急に60も過ぎる男が話しかけたって気味が悪いだけだ。
冷静さが少し戻った時、1Fの扉が開いた。
「あ!」
私は声をあげてしまった。
男は私を見た。
「あ」
男も言った。

男のゴミ袋には焼き鳥の串であろうものが飛び出ていた。
それだけならなんでもなかったのだが、その串穴から汁が出ていた。
生ごみらしいその匂いはエレベータの床に垂れていた。
私と男はたまらずエレベータから降りていた。
そして、そのまま扉が閉まり上へ行ってしまった。
男はゴミ袋を器用に汁が垂れないように持ち直した。
「あははは」
とても爽やかとはかけ離れている顔だが、彼の茶目っ気を見た。
「あ、あのすいませんでした。」
男は私に謝った。
「い、いえ、私は大丈夫です。」
私は答えた。
「そ、それっじゃあ、ぼ、僕はこれで!すいませんでした!」
男はまた謝った。そして立ち去ろうとした
「ちょっと!」
私は男を呼び止めた。忘れていたはずの中途半端な好奇心が顔を出した。
「漫画、描いてるんですか?」
言ってしまった。そんな流れじゃなかったのに。
最後の日だからか?彼と話せたからか?いろんな勢いが重なった結果なのか?
男はビタッと止まった。そして振り返り
「え、ぼ、僕のこと知ってるんですか?」
また、ごみ袋から汁が垂れた。男は慌ててまた持ち直した。
「いえ、妻から君が漫画家だと聞いて・・・その・・・毎日会いますし気になりまして・・・」
本当でない理由が私の口から出てきた。
「あ、そうなんですか。なんか、気にさせてすいません」
男はまたまた謝った。
「僕、漫画家なんです。一応、漫画ゴクウって雑誌に書かせてもらってます」
驚いた。私がたまに見てる漫画雑誌だった
「『猿が如く』ってヤクザ漫画です・・・」
知っていた。ちゃんと読んでる漫画だった。しかも好きな部類だ。
「私、読ませてもらってますよ。カッコいい漫画ですよね。」
「本当ですか!ありがとうございます。」
「今度、機会があればサイン頂きたいくらいですよ」
「え!あ!じゃあ、サイン書きます!また、明日の朝エレベータで!」
「え」
男はゴミ袋の汁を垂らさぬよう頭を3度も下げながら去っていく。
「じゃあ!ありがとうございます!がんばります!」
「あ」

最後の出勤になるはずだったが、明日も同じ時間に出勤しなくてはならないようだ。

posted by 大佐への道 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

一徹

バッティングセンター

自分は週に1回ぐらいバッティングセンターへ行って遊んでます。
200円でメダル1枚買えて、その1枚で25球遊べます。
今日もバッティングセンターへ行き、6枚メダルを買って遊んでました。(6枚の場合はお得の1000円で買えます)

今日も今日とてメダルを買って遊んでいると、急に隣から熱い声が聞こえました。

「もっとポイントを前に!」

後ろを振り向くとベンチにセカンドバック挟んで必死にバッティングのアドバイスをする親父の姿が・・・相手は自分の隣の息子のようだ。

「センターを意識して!」

どこのヘッドコーチだ!こいつ!でっぷりした腹しやがって!晩年の江夏か!という愚痴をバットに込めて打ってると隣の息子さんのバッティングが目に入る。

小5ぐらいのこの子すげぇうまいwwww
なんだろう、後ろの一徹とは程遠い腹の親父が言ってることは全部できてるような気がする。てか、普通に打ってるじゃないか。
たまに打ち損じてるけどここのバッティングセンター5球に1球ぐらいはクソボールだし、打てないよ。

それでも熱くなる後ろの親父。25球終わると親父のありがたい野球講座が始まる。そして、また打席に入る息子。うまく打てると褒める親父。セカンドバックを握りしめる親父。

ムカつくから外人選手みたいなフォームで音だけうるさいファールを打ち続けました。

続きを読む
posted by 大佐への道 at 22:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

正義

判断

「人の判断は中身でするもの」だって誰か言ってたけど、結局最初判断するものは外見であり、そこで付き合いを絶ってしまっては中身まで見ることができない。
もっと他の人に聞くと「中身は外見に表れる」なんていう。もう中身=外見の世界になってくる。人間の本心は外見に表れちゃう世界になってくる。でも、それは違うと思う。中身ってのは本人が全部表現できるようなものでは無いと思う。自分の中身は他人が気づいてもらうものであり、服装やしゃべり方じゃ決めれないものだと思う。続きを読む
posted by 大佐への道 at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

エアコン

へへん

最強の空手家、大山倍達。素手で相手を倒すことを考えた空手を駆使し、あの伝説の牛殺しを達成させた猛者。

打撃の神様、川上哲治。赤バットの異名を持つ彼はその類まれなる打撃センスで巨人をささえ、数々のタイトルを獲得する。


達人と呼ばれる彼らに共通している一つのキーワード。それは呼吸法である。
空手には息吹と呼ばれるものがあるほど呼吸というものを研究している。鍛錬でもこの呼吸法を間違えると意味がないと言われているほどである。
また、野球では、理想のバッティングを実現させるために呼吸法というのが使われている。球界一の頭脳を持つ名将、野村克也監督はこう言う「バッティングの構えとは備え」バッティングのすべては構えに集約されていっても過言ではない。この備えをするために呼吸法がある。息を深く吐き出し。重心を地に近づかせる。この呼吸法を川上哲治も使っていた野村は言う。このように呼吸法というのはスポーツ、格闘技にも重要とされる一つの項目なのである。そして、今日、この呼吸法を活用した一人のヒーローをご紹介したい。その名は続きを読む
posted by 大佐への道 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

寿司

J-POP

最近のJ-POPアーティストが全然わからん。倖田來未らへんから全然わかんねぇ。こんな感じにどんどんJ-POPがわかんなくなって演歌に移行して行きそのうち「ヤッベ、ひばりマジヤバイ」とかになっていくのかな。カラオケ行っても一昔前の歌ばっか歌ってしまう。そんな瞬間まさに中学生か高校生になったかのようなあの感覚。あの青春時代に帰ってしまう感覚。もう、大好き。寿司の次に好き。
続きを読む
posted by 大佐への道 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

叫び

スピリッツ

自分の愛読書としてビックコミックスピリッツがある。週刊誌なので当然毎週のように買って見ている。
まぁ、今や、チャンピオンとかマガジンでもグラビアアイドルの水着姿とか巻頭に掲載されている時代である。
スピリッツもその中の仲間であるわけなのだが・・・まぁ、自分もとりあえずは見ますよ。男だから。袋とじとかもとりあえず開けますよ。男だもん。でもさ、今週号の表紙の女見た瞬間ドッキリカメラがどっかに仕掛けられているんではないかと思うほどの衝撃ですよ。どうしたんだよ!って思いましたよ本当に

その名も・・・


続きを読む
posted by 大佐への道 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

前野高徳

2000

3割300本2000安打。
この数字は過去に王、長嶋、張本、落合というバッターが達成している。プロ野球の歴史にとって切っても切れない選手達が並んでいる。
この記録にある男が挑もうとしている。広島東洋カープ背番号1番前田智徳である。1989年広島東洋カープにこの男は現れた。天才的なバッティングセンスを引っさげ彼は次々と度肝を抜く記録を達成していく。プロ初HRが開幕先頭打者HR、シーズン3割到達回数が11回、5試合連続HRと輝かしい記録を打ち立てる。しかし、天才にも転機が訪れた。右アキレス腱を断裂。どんな天才であろうと怪我には勝てない。後遺症を抱えたままのプレイ、天才にかつての動きは戻ってこないだろうと思っていた。しかし、天才は天才であった。足の後遺症を抱えつつも彼はできることを精一杯やった。2002年にはカムバック賞を獲得し、2007年にはキャプテンを任され、そして、今日、彼は2000本安打を達成した。
どんなに険しく高い山だったろうか。彼は右足に故障を抱えつつもその山を登りきった。本当におめでとう。これからもカープの頼れる天才としてバンバン打って欲しい。本当におめでとう前田。









今回リプレイ機能をつけました。
posted by 大佐への道 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

実況

社会に出て1年と数ヶ月、仕事が慣れたかと思うと実はそうではなかったりと毎日が反省の繰り返しな中、ちょっとの時間を幾度も重ねつつずっと作ってみたかったFlashを作ってみました。
音も絵ももちろん内容も全部手作り。
ネタはいっぱい沸いてくるのにFlashを作る技術の無さから作るネタも限られてくるという未熟さにまだまだ努力をしなければならないという現実を知らされました。とりあえず、どうぞ。









すべてが未熟の初心者作品、タイトルとか本当に力尽きて適当になってしまったことは誰が見ても気がつくだろう。もっとがんばろう。
posted by 大佐への道 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析