2006年08月30日

田中の生命力

SR杯06

完結しました!SR杯06!決勝まで何とか進めたが最後の相手は千春さん。よろしくお願いいたします。そんで結果は・・・

準優勝

でしたー!ちっくしょおおおおおお!負けたぁああああああ!
もう決勝の自分のボケはかなり自信がありませんでした。やっちまったよベジータ的な感じでしたが、やっぱ負けるとなるとくやしい!
しかし、千春さん本当におめでとうございます。夜道に気をつけてください。あなたが道端で眉間に弾痕がついたとき、私は自宅で黒猫を抱きながらとっておきのシャンパンに舌鼓を打っていることでしょう。
はぁ、終わった・・・

あ、閉会式に「まるで決勝戦はハンカチ王子の斉藤くんvs苫小牧の田中くんみたいでしたね。」と書かれてありました。
ハンカチ王子の斉藤に対し苫小牧の田中はなんかかわいそうな気がしましたw。あと、斉藤が本当にどっかの王子様みたいに見えるね。野球で戦ったのかわからんw。今、選抜で海外に行ってるのに斉藤はハンカチがあるのに田中は特徴ないみたいな感じになってますよね。これは非常に不公平です。甲子園3連覇という偉業を成し遂げようとしてきた苫小牧。かたや、大病を患い胃をまるごと取ってしまった王監督の全快を願うかのように甲子園優勝を目指す王さんの母校早実。この戦いは延長15回の再試合にまでなる大熱戦。最後は両チームの投手同士の対決。誰の心にも熱いものが残ったはずだ。その結果早実の優勝で幕は閉じ、この戦いで斉藤、田中と言う大投手の名が世に広まった。
早実の斉藤はそのクールな投球と合間合間に現れる青いハンカチから「ハンカチの王子」という愛称がつき、世の女性達を虜にした。
一方、苫小牧の田中は・・えーと・・あのー・・すっごい投球だったよ。うん、いや、惜しかったね。

みたいな感じになってるじゃん!違うって!田中だってすごいんだって!ストレートは力があるし、高速スライダーなんつう武器もあるんだよ!みんなもっと見てって!きっと、投球中こっそりなんか出してるんだって!いや、出してないかもしれないけどさ。でも、たぶんずっと口の中に噛み切れないスジ肉噛ん出たりとかさ。あと、目が光ったりとかするんだって!みんな見逃してるって!ああ、そうかだから俺が田中か!準優勝は田中か!平凡だもんね!田中なんてどこにでもいるもんね!あいつも田中だよ。指差せば大体田中だよ。1番から9番まで田中だよ!だから俺も今日から田中だ!ちっくしょう。。どっかでHNが田中だったら俺だと思いやがれ。ふひひひひひ、千春さんも田中を見たら気をつけましょう。
posted by 大佐への道 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 大喜利関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析