2016年02月08日

サイゴ

今日は定年退職を迎える日だった。
思えば毎日同じ時間に起き、妻の作った朝食を食べ、歯を磨き、トイレに行き
スーツに着替え、コーヒー一杯とタバコを終えると図ったかのように同じ時間になる。

最後の出勤日だって同じだった。
特別な日ではない。昨日と同じことをしているだけだ。
いや、少し違ったか。出ていくとき妻に
「今日は何が食べたい?」
と聞かれた。私は
「魚がいいな」
とだけ答えた。

エレベータに乗り、5Fから1Fへ
いつものように4Fでゴミ袋を持ったユニクロの男が乗ってきた。
妻の話ではこの男は漫画家だ。どこの雑誌に載ってるかもわからない。
【今日でこの男とも会わなくなるのか。】
そう思うと、一度も会話をしたことがないこの男が感慨深くなってしまった。
【漫画書いてるんですか?】
一度くらい聞いてもいいんじゃないかと思ってしまった。
【どんな漫画書いてるんですか?】
中途半端な好奇心は膨れていった。
そうは言っても急に60も過ぎる男が話しかけたって気味が悪いだけだ。
冷静さが少し戻った時、1Fの扉が開いた。
「あ!」
私は声をあげてしまった。
男は私を見た。
「あ」
男も言った。

男のゴミ袋には焼き鳥の串であろうものが飛び出ていた。
それだけならなんでもなかったのだが、その串穴から汁が出ていた。
生ごみらしいその匂いはエレベータの床に垂れていた。
私と男はたまらずエレベータから降りていた。
そして、そのまま扉が閉まり上へ行ってしまった。
男はゴミ袋を器用に汁が垂れないように持ち直した。
「あははは」
とても爽やかとはかけ離れている顔だが、彼の茶目っ気を見た。
「あ、あのすいませんでした。」
男は私に謝った。
「い、いえ、私は大丈夫です。」
私は答えた。
「そ、それっじゃあ、ぼ、僕はこれで!すいませんでした!」
男はまた謝った。そして立ち去ろうとした
「ちょっと!」
私は男を呼び止めた。忘れていたはずの中途半端な好奇心が顔を出した。
「漫画、描いてるんですか?」
言ってしまった。そんな流れじゃなかったのに。
最後の日だからか?彼と話せたからか?いろんな勢いが重なった結果なのか?
男はビタッと止まった。そして振り返り
「え、ぼ、僕のこと知ってるんですか?」
また、ごみ袋から汁が垂れた。男は慌ててまた持ち直した。
「いえ、妻から君が漫画家だと聞いて・・・その・・・毎日会いますし気になりまして・・・」
本当でない理由が私の口から出てきた。
「あ、そうなんですか。なんか、気にさせてすいません」
男はまたまた謝った。
「僕、漫画家なんです。一応、漫画ゴクウって雑誌に書かせてもらってます」
驚いた。私がたまに見てる漫画雑誌だった
「『猿が如く』ってヤクザ漫画です・・・」
知っていた。ちゃんと読んでる漫画だった。しかも好きな部類だ。
「私、読ませてもらってますよ。カッコいい漫画ですよね。」
「本当ですか!ありがとうございます。」
「今度、機会があればサイン頂きたいくらいですよ」
「え!あ!じゃあ、サイン書きます!また、明日の朝エレベータで!」
「え」
男はゴミ袋の汁を垂らさぬよう頭を3度も下げながら去っていく。
「じゃあ!ありがとうございます!がんばります!」
「あ」

最後の出勤になるはずだったが、明日も同じ時間に出勤しなくてはならないようだ。

posted by 大佐への道 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

未予防接種

インフルエンザになったことなど一度もなかった。
昨夜39度の熱が出て、額に汗はかけど体の芯は冷え、たとえ難い寒さに震えた。
「風邪だ、これは風邪だ」

その日の昼間、会社の同僚とお昼を食べていた。
いつもおちゃらけてる同僚のテンションがおかしい。
「どうした」と尋ねても歯切れの悪い返事ばかり。
そうこうしていると早退をし、その2時間後にメールが来た
「インフルエンザだった」
社内にその情報が流れると、マスクをしていないものは装着し
急にウガイをするものまで現れる。私もその一人だ
そして、一緒にお昼を食べていた私は感染者として扱われた。
「大丈夫、大丈夫だ、私は大丈夫」
自分に言いかせていた。
だって、一度もインフルエンザにかかったことがないんだから

寒かった。とにかく寒かった。
体の関節も痛い。腰も痛い。
震えても震えたりなかった。いつもの風邪の時とは違った。
「インフルエンザなのか、これはインフルなのか?」
それを確かめる術などないことはわかっていたが何かを
考えていたかった。ただ震えているだけじゃ死んでしまう。
そうこうしていると寒さは引いた、シャツはびっしょりだった。
着替えを終え、また布団を被る。時計を見ると3時18分。
朝起きると体調は戻っていた。関節も痛くない!
「やった!インフルじゃないんだ!風邪にも勝ったんだ」
歯を磨き、着替え、髭を剃り、服を着替えて
「インフルは我に怯え、尻尾を巻いて逃げおったわ!祝いじゃ!皆の者!祝いの準備じゃ!」
靴を履き、鍵を開け、ドアノブを握ると声が聞こえた。
「殿!殿!しっかりなされ!下、寝間着ですぞ!」
しっかりと寝間着を装着した下を見て、私は熱を測った。



posted by 大佐への道 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析