2008年10月13日

一徹

バッティングセンター

自分は週に1回ぐらいバッティングセンターへ行って遊んでます。
200円でメダル1枚買えて、その1枚で25球遊べます。
今日もバッティングセンターへ行き、6枚メダルを買って遊んでました。(6枚の場合はお得の1000円で買えます)

今日も今日とてメダルを買って遊んでいると、急に隣から熱い声が聞こえました。

「もっとポイントを前に!」

後ろを振り向くとベンチにセカンドバック挟んで必死にバッティングのアドバイスをする親父の姿が・・・相手は自分の隣の息子のようだ。

「センターを意識して!」

どこのヘッドコーチだ!こいつ!でっぷりした腹しやがって!晩年の江夏か!という愚痴をバットに込めて打ってると隣の息子さんのバッティングが目に入る。

小5ぐらいのこの子すげぇうまいwwww
なんだろう、後ろの一徹とは程遠い腹の親父が言ってることは全部できてるような気がする。てか、普通に打ってるじゃないか。
たまに打ち損じてるけどここのバッティングセンター5球に1球ぐらいはクソボールだし、打てないよ。

それでも熱くなる後ろの親父。25球終わると親父のありがたい野球講座が始まる。そして、また打席に入る息子。うまく打てると褒める親父。セカンドバックを握りしめる親父。

ムカつくから外人選手みたいなフォームで音だけうるさいファールを打ち続けました。

続きを読む
posted by 大佐への道 at 22:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析