2007年03月12日

ナポレオンズ

睡眠

パソコンつけながら寝落ちするのが最近の生活リズムになっている。
電気代とかどのぐらい高くなってるのかな?とか気にするけど結局やってしまう。
この行動にはたぶん、自分の「睡眠時間をあまり多く取りたくない」っていう思いが強く働いているからだと思う。
「もっと1日が長ければいいのに」と考えているうちにこの結論にたどり着いたんだと思う。
そして、「睡眠時間を短くするにはどうすればいいのだろうか?」と考えたとき、ある人物を思い出した。

その名はナポレオン。彼の睡眠時間は3時間だったらしい。実に21時間起きているわけだ。なぜそんなことが可能だったのかというと、人間は90分ごとに睡眠周期が変わるらしく、レム睡眠→ノンレム睡眠と交互に変わるらしい。そのどっちかの睡眠時に深い眠りに入っていれば疲れがとれ、さらにそのサイクルごとに起きれば最高の目覚めが得れるらしい。要は90分、180分、270分、360分ごとに起きるということである。
不可能だろうと思う人もいるかもしれないが自分は信じる。
なぜなら、自分は「本気の昼寝」というのを何度も味わったことがあるからだ。仕事をして、昼飯を食って、車に戻って20分の休憩。
やることもないので少しの仮眠を取る。

・・・・

バッ!と起きる。体の疲れが取れていて、目をすっきりしている。何時間寝てしまったのかと思うほどの回復である。
しかし、時計を見るとあれから10分ほどしか経っていない。こんな短い時間でこれほどの体力の回復ができるのは非常に深い眠りについたからである。これを夜の睡眠にも応用すればきっと3時間睡眠というのが可能ではないかと考えています。まぁ、最終的にはドラクエの宿屋並になれば世界を救えると考えている所存でございます。
posted by 大佐への道 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析