2006年09月25日

形容詞

時間がない

忙しいです。時間がないです。
どんぐらいないかって言うとウルトラマンがいきなりスペシウム光線出すみたいな、試合開始直後にスタナーかますみたいな、お腹がすいてるカバ夫君にアンパンチするみたいな、そんな感じ。
この状況を打開するには常に無駄な行動を避けて日常を過ごすしかないと思います。

昔、お金がないってドラマあったとか聞きます。たぶん、お金がなくて泣きながら線路に沿って歩いて家まで帰っていった話を全24話で感動を伝えたんだと思います。
それこそ、5話目ぐらいまでは電車に乗ったり、遠くで遊んだりと楽しい日々だったんでしょう。16話目ぐらいで親の「太郎遅いわね」って顔で終わったと思います。20話でパトカー出動したのはハラハラしましたね。最終話で「俺、地下鉄で来たんじゃん」って気付いたのは盲点でした。

こんなの考えてるのが無駄なんて思えない自分が悲しいです。
posted by 大佐への道 at 22:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

背中を押してくれ

長文

長文ボケに挑戦しようかなぁと思っている。このジャンルにはそんなに手を出したことないのでぜひやってみたいと思う。が、これをやるにはちと障害がある。

まず、普通の投稿系サイトでは一番の嫌がらせ行為と思われてしまうこと。例えば、ボケノート。採点者が200いくつのボケ数がある中、長文が一つ混じっていても嫌であろう。面倒くさいであろう。採点者によっては長文だけで1点なんてことをしかねない。そう、正当な評価が得られない場合がある。だから長文専門の投稿サイトを見つけなければならない。

次にどうやって長文作るかがわからない(もうただのアホな理由です)とにかく未知。何からやればいいのかわからない。どこで納得がいくかわからない。
なんてったって長文ってほとんどお題はフリーじゃないのかな?
今までお題があってボケていたのである程度の土台があったわけだが、長文になるともう土台がない。というかどこに家建てようかな?いや、何建てようかな?という所からのスタートです。注文の多い料理屋さんなんて楽なんです。やること決まってるから。注文もしないで厨房をずっと見てるだけの客が多い料理屋さんのほうが怖いです。何すればいいかわかんないです。

最後は一番問題なのですが、長文作ってるときのモチベーションです。
長文作ったときに一番感じたんですけど今日完成した長文は明日になったら完成してないように思えてしまうということです。長文投稿サイトは結構投稿期間が長いと思います。だからどこで終わらせるか、納得するかが難しい。もっと厄介なのは今日途中まで作った長文は明日同じような感じで続けて書けないということ。
「書くなら一気に」なのかも知れないけどそれは時間がないと無理。「神が降りてきた」なんてもっと無理。そんなに長い間、神が居座ってくれるはずない。いわいる、「ひらめき」なんてもので長文は完成しないと思う。
短文でボケてるときに何度かこの「ひらめき」はあったが本当に一瞬の出来事であった。

まぁ、こんなに長いこと書いたけど何が言いたいって「長文は難しい」ってこと。でも、「長文書きたいなぁ」って思ってること。どっちつかずのアイウォンチュー。真心さんのところで長文やってたなぁ。まずはそこでチャレンジ。
posted by 大佐への道 at 21:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

7チャンの使い道

お面

お面ってさぁ、何がよかったのかなぁ。小さい頃戦隊者の赤レンジャーのお面をかぶってたけど何がよかったのか覚えていない。
かぶったりしてたけど別に赤レンジャーごっことかしなかったもんなぁ。
で、考えたらたぶん自分はかぶりたい症候群だったと思うんですよ。要は顔面を隠せるものなら何でもかぶりたかったんじゃないかなぁ。お面、ヘルメット、溶接保護面とそんなものをかぶりたかったんだと思う。顔面を隠してるところから見える景色は特別なものだったんだろう。
自分の正体を隠しながら見る景色、神が上空から下界を覗いているようなそんな特別な気分。
もしかしたらそれは覗きと同じ感じかもしれない。じゃあ、自分は犯罪者?前科何犯?
お面をかぶって世界を見渡すことが犯罪ではない我が国の自由を尊重する法律はとてもありがたい。きっと子供達も「赤レンジャーやウルトラマンになりたい」という願望は直訳すると「顔面を!顔面を隠させてくれ!そしてそこからの景色を見せてくれ!」という中毒性な願いであろう。

さて、これからまたバンバン大喜利企画にさんかすっぞー
JAPAN大喜利は中止になっちゃったんでなにもない状態、一からのスタートです。
まずは第2回大喜利センター試験に参加してきました。
真心さんの企画です。もうこの人はいろんな企画作ってってすごいなぁ。
こっからはキャシー塚本のようにハイテンションで行きたいですね。
がんばんぞー、なんか企画あったら教えてぇ。
posted by 大佐への道 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析