2006年01月28日

チャレンジもう14年生

タッグバトル

負けました。不甲斐なく終わってしまった・・・師匠すんません。
これには結構へこんでいます。まぁ、過ぎたことをくよくよしてもしょうがありません。
次なる企画に進んでいくしかありません。

さて、いま、いろんな人がネットラジオしてるのを聴いて「やってみたいな」と思っています。明日とかにチャレンジしてみようかな、あんまり人のいない時間を狙って・・・
いろんな人ともしゃべってみたいと思ってるんですよね。ただ、家族がいるのでかなり声押さえてやらないといけなそうだなぁ、すごいテンション低くやってしまいそうです。
まぁ、もし勇気がわいたら皆さんもやってみたほうがいいと思います。むしろ、自分と一緒に心中してくだされ。頼んます。
posted by 大佐への道 at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 大喜利関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

すごいよノムさん

国盗り物語

真心さんのサイトで行われている大喜利企画の国盗り物語が終わりを告げました。
結果は我が熊さんチームが優勝!やったー!個人成績では3つほどタイトルをゲットさせてもらいました。感謝感謝。
初めての長期企画を参加しましたがこうして結果が出せると喜びが2倍にも3倍にもなりますね。しかし、この企画において不投稿を一度してしまったことが悔やまれます。今度は皆勤賞を目指してがんばりたいと思います。

タッグバトルももうすぐ結果が出ます。自信ないなぁ、師匠はどうなのだろうか?いろんな企画に参加し始めましたがいつになっても結果が出る時が一番怖いですねぇ。どうなってしまうのだろうか、ビクビクしています。
他にも鼻でか兄さんさんのブログから情報を覗き見した第1回全国ひょうきん選手権という企画にも参加登録しました。出題がすべて「写真で一言」というところに目を惹かれました。自分は「写真で一言」は苦手というかどうボケればいいのかまだわかっていないので、この企画で「写真で一言」を丸裸にしたいと思っています。がんばんぞー
posted by 大佐への道 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 大喜利関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

TAJIRIのタランチュラ

たどんとちくわ〜ちくわ編〜

ちくわ編

ちくわ編は小説家の浅見という人間が主人公である。この浅見は木田とは違い、最初から世間とは外れている存在感を出しており、作中ではずっと理解できない言葉を呟いている。

浅見はおでん屋にいた。ちくわを注文したが店主に「ちくわはないよ」とむげに断られ、何かが決壊した浅見は店主の隙を見て鍋の上に跨り、突然ズボンのチャックを下ろしイチモツを鍋につけた。浅見「ほれほれ」とイチモツをぶるんぶるんさせて店主におでんの汁をかける。怒った店主を尻目に浅見はさっさと逃げてしまう。ここから浅見の精神が崩壊というか開放されていく。

飲みなおしに入った小料理屋でさきほど食べれなかったちくわを注文する。出てきたちくわ料理を食べるがここから妄想の世界に入る。食べ始めたちくわであったが口の中でにゅるにゅるしている。気持ち悪くなった浅見はちくわ料理吐き出してしまう。客で賑わっていた店内が一瞬静かになる。客が気持ち悪いものを見るような目で浅見を見始める。浅見は用を足しにトイレへ行くが、そのトイレの中で自分のイチモツがないことに気付く。浅見は「ない!ない!」と騒ぎ出す。数秒後「あのときか!」とさきほどのおでん屋でイチモツを鍋につけたときのことを思い出す。この瞬間から妄想の世界がフル回転し始める。
トイレの外を出た浅見は包丁を手にして狂ったように客を切りつけ始める。どの客も切りつけたときに出る血の色は赤色ではなく黄色や青色といった妄想の世界を象徴するかのような不気味な色になっている。そして、店内のちくわを手に取り「これでもない、これでもない」と自分のイチモツに合うやつを探している。結局店、内には合うちくわはなく、あのおでん屋に戻るしかないと感じた浅見は店から出る。
しかし、外にはたくさんの警備隊とそれを仕切っているあのおでん屋の店主がいる。店主は「無駄な抵抗はやめなさい」と言い、その股間には大きなちくわがぶら下がっている。
次の瞬間、妄想の世界が終わる。しかし、浅見の手には包丁を持っておりシャツには血がべっとり付いている。自分のシャツを見ている浅見に店内から一人の老婆が出てきた。老婆は「バーカ」と浅見に一言言うと包丁を鞄にしまった。何がなんだかわからない浅見はとにかく走り始めた。

ここでちくわ編は終わりです。ちくわ編はかなりキている作品です。普通の精神ではなにも感じることはできないだろう。

次回は完結編を
posted by 大佐への道 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパイダージャーマン

たどんとちくわ〜たどん編〜

結構前だが無料で動画が見れるGyaoというところでこの映画を発見した。
内容も何も知らなかったのだがタイトルだけに惹かれて見てみた。

見た後は「なんだこの作品は」という気持ちが残った。この作品は「たどん編」と「ちくわ編」に分かれており、一言で言うならキレる男達を描いている作品である。今回はそれぞれ紹介していきたいと思う

たどん編

たどん偏は一般のタクシードライバーであった木田の日常の歯車が狂っていく様を描いている。
毎日、普通の景色を決まった角度から眺め、乗ってくる客とは一切何の関わりもない人生を何十年も送っている木田。
そんな毎日にあるサラリーマンが乗ってきた。木田は話しかけるが客は無表情の顔をして無視を決め込んでいる。このとき木田の歯車は少しながら狂う。木田の執拗な話しかけに観念したのか客も話をするようになってくる。木田は気分を取り戻したのか、その客との会話を楽しむ。このとき、木田は次のような台詞を言っている
「僕は止まってるんですよ、時間は進んでいるのに僕は止まっている。」
この台詞が今の木田のすべてをあらわしているではないだろうか。今の仕事は車で人間を運んでいる。その道中で見える景色はどんどん変わっていくが自分はその景色とは何にも関わりがない、もちろん運んでいる人間とも何の関わりもない、自分は世の中から止まっている。進みたくても進めない。今、自分にとってのすべてはこの箱の中しかないのではないか。そんな感じの「何か」が木田の中で大きくなっている。

いろんな会話をしている中、木田は客に「職業は何やってるんですか?」と聞いたところ、客は「たどん屋」とくだらない嘘をついた。見てる自分にはくだらないかもしれないが木田にとってはキレるためには十分な要素だったのかもしれない。
キレるとは自分以外にはわからないことからやってくるものである。
この「たどん屋」という一言に木田の「何か」は爆発した。「本当にたどん屋なのか!!」と大声を上げ、車をいかがわしい場所まで移動させる。客は何が起こったのかわからず車から降ろされる。このとき、木田は車のトランクから拳銃を取り出した(なぜ、所持していたのかは映画を見てもまったくわからない)。拳銃で客を誘導させ「そこの泥でたどんを作れ!」と命令する。何がなんだかわからないが拳銃を所持しているので命令を従うしかない客だったが、木田の隙を見て逃げようとする。これを見た木田はイっちゃってる目をしながら発砲をした。

ここでたどん編は終わりです。ちなみにたどん編ではこのサラリーマンが乗ってくる前に何人か客を乗せているのですが、その客の中にはゲストとしてお笑い芸人の「爆笑問題」、女優の「桃井かおり」が出ている。これはちょっと驚いた。

次はちくわ編と完結編と感想を書きたいと思います。
posted by 大佐への道 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

大福亭雪見



更新 更新 更新 更新 ライブドアオート ということで更新です。
忙しいとかもう関係ないっす。やりたいことやります。
だからこんな不謹慎なギャグも言います。そして、今日話すことと言えば「雪」以外ないでしょうです。

降りましたね。受験生にとってはホワイトセンター試験であったわけで、雪なんかどう
でもいいでしょうけど「雪」から「滑る」という言葉を思い浮かばなかったことを祈ります。
雪なんて東北じゃ1mだってどうってことはないのに東京じゃ3cmで大騒ぎしてますね。
東京はいかに特殊な環境であるかがわかります。

雪といえば小さい頃、小学校で雪合戦とかしていました。その合戦はかなりヒートしました。
いかに投げやすい雪玉を早く作るかが勝負の鍵を握っていました。
そのとき、友達が提案したのは近くの石を雪でコーティングする雪玉でした。
重さも大きさもバッチシで投げやすいです。でも、一発敵にヒットすれば雪合戦終了。
こちらのチームが勝ちかと思いきや、コミッショナー立ち合いの結果、こちらの反則負け。
不満を感じ、そこから自分達は独立し新団体を旗揚げ、しかし帰りの会でブスがチクる。
雪の日の思い出が赤く染められます。
posted by 大佐への道 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

もう読みたくないマガジン

更新

久しぶりの更新です。時間に余裕があるとかそういうんじゃないんですけど更新です。

とりあえず、ゴリトナ負けました。4回戦BOYです。使い方あってるかわかりません。
USO-800の国盗りももう最後です。華々しい最後が迎えられるかな?一回だけ投稿をしなかったのが唯一の悔やみです。
THE★大喜利はちょっと休業中です。いなくなるつもりではないので自分を忘れないでください。
SR杯はまだ継続中、なんとか勝っています。

これが今の現状です。このごろ、あんまりボケてないのでなんかむなしいです。
久しぶりに某提示板でボケていこうかと思います。師匠から「お前、死んだことになってるから」的なことを言われてなんか怖いです。志村けんも死亡説出てた時期があったような・・・

いよいよ、精神的にも切羽詰ってきます。友達と田中邦衛のマネしまくっています。
寝ないで生きれるようになりたいです。時間なんてなくなればいいんだ。
今、無性に江藤と立浪を応援したいです。

たっつなみ たっつなみ 

えとーお えとーお

とりあえず、ボケていこうと思います。そして他人のブログへ侵入したいと思います。
posted by 大佐への道 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 大喜利関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析