2016年02月08日

サイゴ

今日は定年退職を迎える日だった。
思えば毎日同じ時間に起き、妻の作った朝食を食べ、歯を磨き、トイレに行き
スーツに着替え、コーヒー一杯とタバコを終えると図ったかのように同じ時間になる。

最後の出勤日だって同じだった。
特別な日ではない。昨日と同じことをしているだけだ。
いや、少し違ったか。出ていくとき妻に
「今日は何が食べたい?」
と聞かれた。私は
「魚がいいな」
とだけ答えた。

エレベータに乗り、5Fから1Fへ
いつものように4Fでゴミ袋を持ったユニクロの男が乗ってきた。
妻の話ではこの男は漫画家だ。どこの雑誌に載ってるかもわからない。
【今日でこの男とも会わなくなるのか。】
そう思うと、一度も会話をしたことがないこの男が感慨深くなってしまった。
【漫画書いてるんですか?】
一度くらい聞いてもいいんじゃないかと思ってしまった。
【どんな漫画書いてるんですか?】
中途半端な好奇心は膨れていった。
そうは言っても急に60も過ぎる男が話しかけたって気味が悪いだけだ。
冷静さが少し戻った時、1Fの扉が開いた。
「あ!」
私は声をあげてしまった。
男は私を見た。
「あ」
男も言った。

男のゴミ袋には焼き鳥の串であろうものが飛び出ていた。
それだけならなんでもなかったのだが、その串穴から汁が出ていた。
生ごみらしいその匂いはエレベータの床に垂れていた。
私と男はたまらずエレベータから降りていた。
そして、そのまま扉が閉まり上へ行ってしまった。
男はゴミ袋を器用に汁が垂れないように持ち直した。
「あははは」
とても爽やかとはかけ離れている顔だが、彼の茶目っ気を見た。
「あ、あのすいませんでした。」
男は私に謝った。
「い、いえ、私は大丈夫です。」
私は答えた。
「そ、それっじゃあ、ぼ、僕はこれで!すいませんでした!」
男はまた謝った。そして立ち去ろうとした
「ちょっと!」
私は男を呼び止めた。忘れていたはずの中途半端な好奇心が顔を出した。
「漫画、描いてるんですか?」
言ってしまった。そんな流れじゃなかったのに。
最後の日だからか?彼と話せたからか?いろんな勢いが重なった結果なのか?
男はビタッと止まった。そして振り返り
「え、ぼ、僕のこと知ってるんですか?」
また、ごみ袋から汁が垂れた。男は慌ててまた持ち直した。
「いえ、妻から君が漫画家だと聞いて・・・その・・・毎日会いますし気になりまして・・・」
本当でない理由が私の口から出てきた。
「あ、そうなんですか。なんか、気にさせてすいません」
男はまたまた謝った。
「僕、漫画家なんです。一応、漫画ゴクウって雑誌に書かせてもらってます」
驚いた。私がたまに見てる漫画雑誌だった
「『猿が如く』ってヤクザ漫画です・・・」
知っていた。ちゃんと読んでる漫画だった。しかも好きな部類だ。
「私、読ませてもらってますよ。カッコいい漫画ですよね。」
「本当ですか!ありがとうございます。」
「今度、機会があればサイン頂きたいくらいですよ」
「え!あ!じゃあ、サイン書きます!また、明日の朝エレベータで!」
「え」
男はゴミ袋の汁を垂らさぬよう頭を3度も下げながら去っていく。
「じゃあ!ありがとうございます!がんばります!」
「あ」

最後の出勤になるはずだったが、明日も同じ時間に出勤しなくてはならないようだ。

【関連する記事】
posted by 大佐への道 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

未予防接種

インフルエンザになったことなど一度もなかった。
昨夜39度の熱が出て、額に汗はかけど体の芯は冷え、たとえ難い寒さに震えた。
「風邪だ、これは風邪だ」

その日の昼間、会社の同僚とお昼を食べていた。
いつもおちゃらけてる同僚のテンションがおかしい。
「どうした」と尋ねても歯切れの悪い返事ばかり。
そうこうしていると早退をし、その2時間後にメールが来た
「インフルエンザだった」
社内にその情報が流れると、マスクをしていないものは装着し
急にウガイをするものまで現れる。私もその一人だ
そして、一緒にお昼を食べていた私は感染者として扱われた。
「大丈夫、大丈夫だ、私は大丈夫」
自分に言いかせていた。
だって、一度もインフルエンザにかかったことがないんだから

寒かった。とにかく寒かった。
体の関節も痛い。腰も痛い。
震えても震えたりなかった。いつもの風邪の時とは違った。
「インフルエンザなのか、これはインフルなのか?」
それを確かめる術などないことはわかっていたが何かを
考えていたかった。ただ震えているだけじゃ死んでしまう。
そうこうしていると寒さは引いた、シャツはびっしょりだった。
着替えを終え、また布団を被る。時計を見ると3時18分。
朝起きると体調は戻っていた。関節も痛くない!
「やった!インフルじゃないんだ!風邪にも勝ったんだ」
歯を磨き、着替え、髭を剃り、服を着替えて
「インフルは我に怯え、尻尾を巻いて逃げおったわ!祝いじゃ!皆の者!祝いの準備じゃ!」
靴を履き、鍵を開け、ドアノブを握ると声が聞こえた。
「殿!殿!しっかりなされ!下、寝間着ですぞ!」
しっかりと寝間着を装着した下を見て、私は熱を測った。



posted by 大佐への道 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

おもしろくない話

暑い日が続いてますね。
そんな天気の話から書かなければ書くことがないといったところでしょうか。

「じゃあ、書くなよ」と。「いいじゃん書いても」と。

そんなこんなで今日はなぜブログを書かなくなったのか?を考えたいと思います。
自分で解析する限り、原因は【興味本位】で始めたものが【義務化】されてしまうことに他ならないと思ってます。
この【義務化】というのも自分勝手な言葉で、誰が決めたわけではないんですわ。
国にも先生にも上司にも、友達にも誰にも決められたものじゃないんです。
決めたのは【自分】。いや、決めたと言うのもおかしいか。
物事を始めていった自分の中で生まれたものと言えばよろしいですかな。

例えば
やりたいことがあるけどノウハウがない。ノウハウの勉強をするために本を買おう。
毎日1時間その本で勉強しよう。
そんな計画を立てます。でも、どうでしょう?その本を買って終わってしまっていませんか?
最初の20ページぐらいで終わってませんか?で、結局やりたいことは出来ましたか?
全員が全員そうじゃないでしょうけど、当てはまる人はいると思います。
最初はあんなにやる気があったのに、なぜでしょうか?
それは自分の【やる気】よりも【義務】が勝ってしまったからではないでしょうか?

【あんなことをやりたい】と思っているときは人間とってもイキイキしています。
「プロ野球選手になりたい!」「ゲームを作りたい!」

じゃあ、それをするためにはどうすればいいだろう?

「毎日バットを1000本振らなきゃ」
「ゲームを作るためのノウハウを一から学ばなきゃ」

つらいっすよねw すなわち、努力なくして栄光は無し。
面倒くさいと感じたあなた。自分と同じです。そんな人は
バットとグローブを買ったり、勉強の本を買ってしまったら
【やらなきゃいけない】という考えに変わってしまうわけですわ。

【やりたい】が【やらなきゃいけない】になってしまいました。
これが自分の言う【興味本位】が【義務化】になったと言うことですわ
誰が決めたわけでもない。言うならば自分の性格から生まれてきたものですかな。

人間、性格というものは変わらないそうです。
「雰囲気変わったね」「感じ良くなったね」と言われる人はいるかもしれません。
でもそれは【性格】が変わったんじゃないんです。【意識】が変わったということらしいです。
自分を客観的に見て、自分の性格とうまく付き合っていく。
もう、何書いてるのかわかんなくなってきましたけど、そういうことらしいです。
別に変なセミナー行ってないかんね!

まぁ、グダグダ書きましたけど、そういう自分の中で生まれた【義務化】なんて
くだらないと思いその【反発心】からブログを書いていこうと思いました。

気張らず、気楽に
posted by 大佐への道 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

老いて、なお

広告に占領されること5年以上の月日が経った今もなお
このブログが存在していることに驚きを隠せない自分がいます。

seesaa様の厚い配慮なのか、管理不足なのかはさて置いて
一つ日記を書かせていただきたく馳せ参じました。

3日、いや1日坊主の自分にとってはこのブログは続いていた部類に入る代物で・・・
まぁ、気まぐれが気まぐれを呼び、もったいないから使っちゃおうとあいなりました。

行数だけのダラダラした文章をまた書けたらと思います。
しかし、もう5年以上前のブログなんですね。
お笑い番組も全然見てない、朝ズバもなくなり、M-1みないなの?も見てない。
今、お笑いコンビの名前言われても顔もでてこないと思いますが、きっとどうにかなるさ。
そして、気が向くままに大喜利なんかもできたらなぁ、なんて思ってます。

こんな気持ちじゃ、続くものも続かないよとお思いのあなた。
そう、その通り。でも、自分のスタンスは変わらないです。
きっと、この日記であと5年放置しても大丈夫なんです。それぐらい、いい加減で
いいじゃない。今のミスターオクレさんを見習いなさいよ。あれが老後のベストですよ。本当に。
posted by 大佐への道 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

ローマは一日にして成らず

むーちー

に出れることになりました。誘ってくれた鼻でか兄さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

現在ルールを把握中。今のところ覚えたルールは「お題にボケる」のみです。それだけです。それだけで大丈夫だと思ってます。新しい電化製品買ってもあまり説明書読まない子なんで申し訳ない。

鼻でか兄さん達が勝利を積み上げて積み上げてたどり着いた3回戦。
ぽっと出の自分が迷惑にならないように、隅っこのほうであやとりしたりして、ことが収まるのを待とうと思います。あやとりの邪魔しないでね。

どうなるかわからないけどよろしくお願いします。
posted by 大佐への道 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

一徹

バッティングセンター

自分は週に1回ぐらいバッティングセンターへ行って遊んでます。
200円でメダル1枚買えて、その1枚で25球遊べます。
今日もバッティングセンターへ行き、6枚メダルを買って遊んでました。(6枚の場合はお得の1000円で買えます)

今日も今日とてメダルを買って遊んでいると、急に隣から熱い声が聞こえました。

「もっとポイントを前に!」

後ろを振り向くとベンチにセカンドバック挟んで必死にバッティングのアドバイスをする親父の姿が・・・相手は自分の隣の息子のようだ。

「センターを意識して!」

どこのヘッドコーチだ!こいつ!でっぷりした腹しやがって!晩年の江夏か!という愚痴をバットに込めて打ってると隣の息子さんのバッティングが目に入る。

小5ぐらいのこの子すげぇうまいwwww
なんだろう、後ろの一徹とは程遠い腹の親父が言ってることは全部できてるような気がする。てか、普通に打ってるじゃないか。
たまに打ち損じてるけどここのバッティングセンター5球に1球ぐらいはクソボールだし、打てないよ。

それでも熱くなる後ろの親父。25球終わると親父のありがたい野球講座が始まる。そして、また打席に入る息子。うまく打てると褒める親父。セカンドバックを握りしめる親父。

ムカつくから外人選手みたいなフォームで音だけうるさいファールを打ち続けました。

続きを読む
posted by 大佐への道 at 22:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

土日

大喜利を再開して1週間。
なんか、お勧めのサイトも教えていただけてうれしい限りです。

でも、大喜利のせいかわからないけど左太腿にでっかい傷つくっちゃいました。
歩くことに特に害はないのですがとにかく大きなかさぶたが現在出現中。痛みを収まり、あとはこのかさぶたがどうなるかだけなのだけども怖い。
こんなに大きな傷のかさぶた久しぶりだし、しかも腿ぶだし・・・かさぶたって剥がしたくなるんだけどこれ剥がせない・・・でも剥がしたい・・・剥がしたらすごいことになりそう・・・でも剥がせない。

剥がす時期を教えてください。あと、大喜利忘れました教えてください
posted by 大佐への道 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

久しぶりです

ご無沙汰

お久しぶりです。
ブログをほとんど書かないまま、1年が過ぎようとしています。
今更ながら、また大喜利をやろうかなと思いまして
ブログも久しぶりに更新しようかなと思いまして
こうやって書かせてもらってる次第でございます。

なんか大喜利サイトあれば、忌憚なくコメントで書いてくれればありがたいです。
見てる人なんてどんだけいるんだかなwww
まぁ、ブログの古い記事見るとすごいな自分は・・・
フラッシュでいろんなの作るのはまた続けようかなと思います。
別に1年間寝てたわけじゃないんでなにかしらの成長があると自分では思ってます。
それを一回やってみて、だめだったら寝ようと思います。

それでは、またお付き合いよろしくお願いします。

誰かいたら
posted by 大佐への道 at 17:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

正義

判断

「人の判断は中身でするもの」だって誰か言ってたけど、結局最初判断するものは外見であり、そこで付き合いを絶ってしまっては中身まで見ることができない。
もっと他の人に聞くと「中身は外見に表れる」なんていう。もう中身=外見の世界になってくる。人間の本心は外見に表れちゃう世界になってくる。でも、それは違うと思う。中身ってのは本人が全部表現できるようなものでは無いと思う。自分の中身は他人が気づいてもらうものであり、服装やしゃべり方じゃ決めれないものだと思う。続きを読む
posted by 大佐への道 at 19:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

エアコン

へへん

最強の空手家、大山倍達。素手で相手を倒すことを考えた空手を駆使し、あの伝説の牛殺しを達成させた猛者。

打撃の神様、川上哲治。赤バットの異名を持つ彼はその類まれなる打撃センスで巨人をささえ、数々のタイトルを獲得する。


達人と呼ばれる彼らに共通している一つのキーワード。それは呼吸法である。
空手には息吹と呼ばれるものがあるほど呼吸というものを研究している。鍛錬でもこの呼吸法を間違えると意味がないと言われているほどである。
また、野球では、理想のバッティングを実現させるために呼吸法というのが使われている。球界一の頭脳を持つ名将、野村克也監督はこう言う「バッティングの構えとは備え」バッティングのすべては構えに集約されていっても過言ではない。この備えをするために呼吸法がある。息を深く吐き出し。重心を地に近づかせる。この呼吸法を川上哲治も使っていた野村は言う。このように呼吸法というのはスポーツ、格闘技にも重要とされる一つの項目なのである。そして、今日、この呼吸法を活用した一人のヒーローをご紹介したい。その名は続きを読む
posted by 大佐への道 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。